恩 愛軟件(上海)有限公司はNCS&A株式会社が設立した100%出資子会社であり、ソフトウェアの研究、開発および販売を行っています。当社は豊 富な資金力を背景に、NCS&A株式会社のソフトウェア研究・開発を請け負うと共に、日本を始めとする海外のソフトウェア開発や、中国国内向けソ フトウェア開発を行っています。また、市場ニーズに応じて、各種パッケージ・ソフトウェアの研究開発も手がけています。

設立日:  2000年10月
資本金:  4.3億円(約2860万元)
代表者: 董事長兼総経理 呂 興平
株  主: NCS&A株式会社(NCS&A Co., Ltd.)100%出資子会社
住  所: 上海市静安区共和新路3088弄7号1003室(郵便番号:200072)




沿革
2000年10月上海市浦東南路379号に資本金1億円で会社設立
2001年01月盛先生、尤先生が顧問就任
盛先生:上海交通大学副校長(当時)
尤先生:上海交通大学コンピュータ・サイエンス学部長(当時)
2001年03月従業員15名、PLANET開発体制確立
2002年03月従業員30名、REVERSE PLANET開発は全面的に上海へ
2005年08月上海市浦東向城路58号に移転、オープン系REVERSE PLANET開発 AIRS開発
2007年03月従業員50名 オフショア開発
2008年03月資本金を2億円増資し、3億円になる
2008年08月上海市閘北区万榮路1188号E棟に移転
2011年07月同G棟302室に移転
2013年08月大連分公司(大連アクセス)を大連ソフトウェアパークに設立
2014年10月「恩喜愛思(上海)計算機系統有限公司」と合併手続き開始、 「恩愛軟件(上海)有限公司」に商号を変更
2016年03月資本金を1.3億円増資し、4.3億円になる
2017年12月上海市静安区共和新路3088弄7号に移転
2018年03月大連分公司を閉鎖

恩喜愛思(上海)計算機系統有限公司(通称NCS上海)の沿革
2004年03月上海市静安区に会社設立
2004年04月日本向けオフショアサービスが開始
2007年03月合弁を解消、NCSの100%子会社(外資会社)へ変更
2009年02月南京西路の南証ビルから、成都北路199号の恒利国際ビルへ事務所移転
2009年10月上海市ソフトウェア企業認定を取得
2009年12月上海市オフショア重点企業認定を取得
2010年04月中国にある日系企業向けにシステム運営保守サービスを展開
2011年04月本社と共同して中国市場開発(GlobalBisenese)を開始
2011年06月ソフトウェア及びハードウェアの販売ライセンスを取得
2011年11月健康診断システム「NCS-診断」を販売開始
2011年12月外食総合管理システム「料理人」をローカライズ
2012年04月自主ソフトウェアを販売開始
2012年05月Androidタブレット料理注文システム(OES)をローカライズ
2012年05月自主商品「勤怠管理システム」を販売開始

 

 
 

Copyright©2000-2020 恩愛軟件(上海)有限公司 All Rights Reserved. | 滬ICP備14048593号